2017.01.09 新着情報 

雇用保険加入拡大~65歳以上~

会社で加入する雇用保険。

この保険に加入していると、退職した後、次の仕事が見つかるまで失業給付を受けることができます。
また子を育児している間に会社を休んだ場合や、家族のための介護休業期間中にも
会社で給与がカットされる代わりに、その一部を給付金として受けとることができるとても有難い保険です。

さらに60歳~64歳の賃金が、60歳直前の賃金と比べて一定基準を下がった場合は、
その下がった比率に合わせて計算された給付金が雇用保険制度から支給されます。

こんない有難い雇用保険ですが、
今までは年齢が65歳以上の場合、新規で雇用保険に加入することができませんでした。
(65歳までに雇用保険に加入した場合は、退職しない限り、雇用保険に加入し続けることができます)

ところが今年(平成29年1月)より法改正が行われ、
会社に就職した時が65歳以上でも雇用保険に加入することができるようになりました。
(週20時間以上働き、31日以上雇用の見込みがあることが条件です)

さらに現在、在職中で、入社のときに65歳を超えていたため雇用保険に加入できなかった従業員さんも
今年の1月1日付けで雇用保険に加入することができます。
この場合は、今年の3月31日までが提出期限ですので、該当する場合はお早めに加入しておきましょう。

雇用保険料については、平成31年度までは、労使ともに免除されます。

*65歳以上の方が退職した場合、失業給付金は「一時金」として支給されます。
  雇用保険加入期間が1年以上 基本手当日額の50日分
           1年未満 基本手当日額の30日分
年金との調整はありません。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • b
  • google